ホーム > 中川実 - 浮遊間欠泉 > > 色気

色気

| コメント(0) | トラックバック(0)

空気というものは透明なものですが
この星のどこかに
その常識を覆す 或る不思議な村があります


その村では 生命体の中を通った空気は
数秒間だけですが 不思議と色付いてしまいます
つまり 鼻息であろうとオナラであろうと
お構いなしにカラーで出てくるのです
なぜ色が付くのか 原因は解明されていません


どんな色になるかは その人によって異なるようです
さわやかなエメラルドグリーンの人もいれば
メタリックなシルバーの人もいます
自分がどんな色を吐き出すのか
その村に行ってみなければ分かりません


村の人たちはむかしから
この「呼気の色」に対してとても敏感です
きれいな色を吐いているだけで尊敬されたり
吐息の色で誰かを好きになったり 嫌いになったり


皮膚呼吸でも色付いてしまうため
わずかではありますが 全身からうっすらと
オーラか何かが出ているように見えます
恋人たちは そのオーラの混ざり合った色で
お互いの相性を確かめ合ったりします


村の人たちは この色付きの呼気を
色気 と呼んでいます

Trackback(0)


(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comment





サイドバー