ホーム > 中川実 - 浮遊間欠泉 > > 喜劇

喜劇

| コメント(0) | トラックバック(0)

より快適に より幸福に
それが我らの 行進標語
何が何だか 分からなくとも
隣に倣え 進めや進め


何でもできる 機械を作り
あれもこれもと 機械にさせて
知恵も技術も みんな忘れて
何もできない 自分を作る


暑さも寒さも 病原菌も
万難排して 体を弱め
あらぬ病に 伏せて言うには
科学の進歩が まだまだ及ばぬ


己も他者も 信じ切れずに
法を定めて 心を安め
束縛感から 自由を求め
法を犯して 囚われの身に


所詮この世は 弱肉強食
この免罪符が 目に入らぬか
敵を攻めては また敵を作り
また敵攻めての 堂々巡り


圧倒的なる 武力を盾に
搾取をしては 貧富を作り
それを憐れみ 小銭を施し
我こそ天下の 善なるものなり


たくさん作り たくさん並べ
売れ残っては たくさん捨てる
需要が無いなら 作り出すまで
未知の欲望 新規開拓


科学の粋を 結集させて
水も空気も 大地も汚し
果ては命の 摂理も侵し
未来を夢見て ツケだけ回す


進歩を求め 競い合っては
他と見比べ 満たされずにいる
進歩を手に入れ すぐに慣れては
ゼロに戻って 満たされずにいる


自ら作り 自ら演じ
可笑しきものを 可笑しくわらう
それはお前だ いやお前だと
鏡を見ては 鏡をわらう

Trackback(0)


(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comment





サイドバー