ホーム > 中川実 - 浮遊間欠泉 > > つなわたり

つなわたり

| コメント(0) | トラックバック(0)
おっとっと


くらやみのなかに うかぶ一筋縄
まっすぐにのびる ほそい生命線
そのうえを つたってあるくおれ


まえはまっくら そのなかからはきだされている おれのゆくみち
うしろもおそらくまっくら そのなかへすいこまれている おれのきたみち
うえはまっしろなひかり まぶしいくらいのスポットライト
したはライトにてらされたあしもとのみち そのむこうはおそらくまっくら


けして うしろをみてはいけない
けして したをみてはいけない
みたらそこまで はいおしまい
そこのない まっくらやみへ まっさかさま


おっとっと みぎがおれを ひっぱろうとする
おっとっと ひだりがおれを すいこもうとする


いつから こんなことを はじめたのですか
いつまで こんなことを つづけるのですか
さあさあ もう つかれたでしょう
さあさあ もう らくになりましょう


おっとっと
よろめくたびに くらやみのむこうから
わーきゃーきこえる あらしのような 歓声 悲鳴
一歩 また一歩
おれがおちるのを いまかいまかと
こころまちにしているような みずをうったような 沈黙


ほんとうは あぶなくなくても おっとっと
さあさあ おたのしみ おたのしみ
ほんとうに あぶないときでも おっとっと
さあさあ おたのしみ おたのしみ

Trackback(0)


(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comment





サイドバー