ホーム > 稲葉絵美のBOSTON便り > 未設定 > Inspiration

Inspiration

| コメント(0) | トラックバック(0)
Wayne Shorter Quartet + Orchestra のコンサートを見に行ってきました。
New England Conservatory JAZZ 40 周年を記念する、
ジャズマスター Wayne Shorter のバンドとNEC の学生 Orchestraの共演でしたが、
今まで実際に見たコンサートの中で自分のベスト3に入る最高のコンサートでした。
コンサートの後に
Wayne Shorter と奥さんに会ってお話をすることができたのですが、
Wayne Shorterの一言、 "see you in the movie!" 
- 皆それぞれの人生の舞台で、自分の人生のストリーを描き、演じ、生きている、
私にしか描けない偉大な使命の大舞台のストーリの中でまた会いましょう。。。
奥さんが話してくれた、
彼は、親友、娘、前妻をも亡くし、沢山の試練を乗り越えてきた人。
前妻のお葬式でもっともっと幸せになることを決意し、
そしてみずからそれを実証してきた人。
数年前から始めた交響楽の作品を彼は
コンピューターを使わずにすべて手書きで譜面におこすこと、
そのすべての一音一音に彼の人生のストーリーが、決意が込められていて、
時には、一小節の音楽を創るのに2週間も費やすこと、

その言葉に、勇気と限りないInspiration を受けた。


私がまだピアノを初めたばかりの幼い頃、
私が書いていった曲を聞いたピアノの先生が私が好きだろうとすすめてくれたCDが
George Gershwin のRhapsody in Blue、オーケストラと2台ピアノの共演で、
初めてあの曲を聴いたときのexcitementは今でも私の毎日のinspirationの一つです。

今年、Herbie HancockLang Langの共演で演奏されたRhapsody in Blue、
これも、ジャズマスターと新人クラシカルピアニストの共演ですばらしかったです。




2006年に、音楽院の奨学金オーディションでこの曲を演奏したのですが、
その頃はちょうど冬期オリンピック中でした。
がんばっている人、挑戦し続けている人にはいつもencourageされ、
スポーツ、特にExtreme Sports が好きな私にとっては、
オリンピックはかなりのinspirationです。
あの時のスノーボードハーフパイプ金メダリストShaun White
私が最大のinspirationを受けた沢山の人たちの中の一人です :)
そして、挑戦し続ける彼の今年のWinter X Games 2009 Gold Medal Runも最高でした。

Trackback(0)


(言及リンクのないトラックバックは無視されます)

Comment





Calendar

Archives

Category

このブログ記事について

このページは、稲葉絵美が2009年10月31日 04:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Summer Roll」です。

次のブログ記事は「CD」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。